就職の保証人

スポンサードリンク

就職の保証人になる、社会人として過程を持っている人なら、こういう機会も1度くらいは訪れることもあるでしょう。特に最近では雇用が流動的になっていることや、雇われる側のモラルの低下ということも問題になっており、中小企業でも就職にあたって保証人を求められることがあるようです。保証人というと、一般的にはなるべきではないものとされていますが、就職の保証人については、特に新卒での採用ということになれば、就職の門出を祝う意味でも保証人になってあげたいものです。もちろん、ローンなどの保証人と違って、何かの債務を抱えている人の保証人になるわけではありませんから、就職する人が横領などの事件を起こしたりしない限りは何の問題もありません。就職に関する保証人にはさまざまな問題も含まれており、人権問題であると指摘する声も多いのは事実ですが、就職する本人にエールを送る意味でも、頼まれたら保証人になってあげたいという人情も分かるものです。

就職保証人と印鑑証明

就職保証人に印鑑証明の提出を求め、保証契約書に実印を押すことを義務付けている企業もあります。特に銀行など、多額の現金を扱ったりする企業に多いようです。ご存知のとおり印鑑証明と実印の印章があれば、個人で結べる契約はほぼ全て締結を行うことができます(実印でなくてもできますが、より契約を実効性のあるものにするため印鑑証明が添付されることが多いです)。それだけ重要なものですから、保証人になるほうも印鑑証明まで付けなくてはならないのか、と抵抗感があったり、保証人を頼む側としても、何かと頼みづらいということもあります。そもそも、就職の保証人に印鑑証明を提出させるというのは法的根拠があるのでしょうか。実は、印鑑証明の提出を断っても別にかまいません。しかし、印鑑証明を提出させることを禁じる法律もないため、企業のルールに従えないということで入社を断られることもあります。この場合、会社が内定を取り消すことに法律上の問題はありません。

就職保証人で親がいない場合

就職保証人は親がなることが多いですが、親がいない場合は兄弟やおじおばなどに頼む場合が多いでしょう。しかし、親戚関係に就職保証人を頼むのは、特に直接の関係がある親がいない状況ではなかなか頼みづらいもの。実際に、保証人に厳しい大企業や銀行関係の会社では就職が内定したものの保証人になってくれる人がいないために、就職をあきらめるといったこともあるようです。ただし、就職の身元保証人というのは、特に期限が明記されていない場合は保証契約を結んだ日から3年、期限を定める場合でも5年が最長とされており、それ以後は別に身元保証の契約を行わない限りは保証人としての義務はなくなります。ようするに、最初の3年ないしは5年だけの保証人ということですね。それ以降も、5年ごとに保証契約を更新させるような企業もあるようですが、多くの企業はそこで保証は終了ということが多いようです。5年も経てば、働く中で人となりも分かってくるということで企業の責任において雇用契約の継続が行われると解釈してもよいでしょう。

今日最速ニュース


おみくじは 


ラッキーカラーは うぐいす色


ラッキーな場所は 古着屋


本日は2014年08月28日です。現在、18時22分27秒。

スポンサードリンク

関連ページ